日記(2018/8)

2018/8/31(金) 「鴨川シーワールド、プール遊び」

朝食を食べたあと、バス停からバスに乗って海岸線を走り、岩場の地形の海岸を眺めて鴨川シーワールドに行きました。

鴨川シーワールドに入ったら、いろいろショーを見て回りました。ベルーガのショーイルカのショーシャチのショーを見ました。ベルーガのショーではリアルタイムの音波のスペアナ表示があり、わかりやすかったです。シャチのショーは太平洋が見えていい風景で、インストラクターをジャンプさせたり、水をかけるサマースプラッシュが面白かったです(安全な位置から見ました)。他の魚もいろいろ見てからホテルに戻りました。

ホテルに戻ったらまたプールで遊んで、ビュッフェで夕食を食べました。

夜もホテル三日月の歌を熱唱して、子ども達は大満足だったようです。僕は夜にいろいろ情報を調べて、日蓮上人の誕生の地だたようだし、そのお寺もあるし、鯛の浦という場所もあるから、そこに行きたかったけど、家族旅行だったから行く時間はありませんでした。また、大学のレクなどで来る機会はありそうだから、そのときに歴史巡りをしようと思いました。今回の旅行で、房総半島も南から安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)に分かれていたのがわかりました。館山に行ったときは内房を見て、今回は外房を見て、歴史と文化がわかってきて面白かったです。

2018/8/30(木) 「プール遊び」

今日は天気が良く、朝食を食べたあと海で泳ごうとビーチに行ってみました。ただ、風が強くて波も高く、入るのは問題ないけど、砂が巻き上げられていてあまり面白そうではないし、一度濡れるとホテルやプールに入る前に乾かすのが面倒そうだと思い、入るのは止めました。

コンビニで昼食を買ってホテルの部屋で食べ、午後は一日中プールで遊びました。屋外プールからは海が見え、寒くなったら温水の屋内プールで遊び、繰り返して3時間ほど遊びました。

夕食は今日もビュッフェで、みんな楽しんでいました。食後はホテルの入り口の噴水のショーを見ました。ショーと言っても、ホテルの宣伝の歌が流れる宣伝そのものだけど、子供たちは気に入ったようで、歌を覚えて「ゆったり たっぷり の〜んびり 旅行けば三日月 ホテル三日月」(リンク)と歌っていました。4月に新入生レクのため、木更津の竜宮城スパホテル三日月に行ったときに、これは子供なら気に入るだろうなと思っていました。子どもは場所とか歴史とかどうでもよくて、バイキングとプールと快適な部屋があればそれでいいようです。

2018/8/29(水) 「休暇、千葉県鴨川に旅行」

今日から土曜まで家族で千葉県の鴨川に旅行に行きました。小田急線と千代田線で二重橋前駅に行き、東京駅から特急わかしおに乗って安房小湊(あわこみなと)駅に行きました。そしてホテルの送迎者で宿泊する鴨川ホテル三日月に行きました。

ホテルにチェックインしたら、部屋に荷物を置きました。ホテルの部屋からは海が眺められました。ホテルのプールで遊びました。屋内と海が見える屋外があり、子供たちも楽しんでいました。遊び終わったら買い物に行き、浜を眺めました。

夕食はビュッフェ(日本的に言うとバイキング)で、ステーキやカニがあり、子どもの好きな物もいろいろあって楽しんでいました。フロント前も、風呂も広々と作られています。ホテル内のオブジェも西洋なのか、日本なのか、アフリカなのか、中央アジアなのか、どこの国なのかごちゃごちゃで不思議な世界です。風呂は黄金風呂と銀風呂がありました。海を眺めながら入る温泉露天風呂も良かったです。

夜はメール処理してから寝ました。

2018/8/28(火) 「メール処理」

午前は学会のファイル整理と事務手続きをしました。

今日は原稿執筆をしようとしたけど、メール処理も優先順位が高く、電話したりメールしたり調整しながら溜まっているメールを処理しました。メール処理と事務手続きで1日が終わってしまいました。

夕食は和牛焼肉を食べました。

夜は旅行の準備をしました。

2018/8/27(月) 「事務処理、メール処理」

休暇と出張が連続していたから、今日は本当に久々に大学に行きました。

出張報告など、多くの事務手続きが溜まっていたから、集中して事務手続きをしました。また、フェリーの学会だったからネット接続が遅く、ほとんどメール処理できていなかったから受信箱に300通ほどのメールが溜まってしまっていて、1日中処理して、やっと50通レベルに減らしました。減りはしたけど、残っているメールも、対応がかなり厄介です。

夕方は夕立がありました。雷もすごくて、近くに多数落ちていました。家で安全な場所にいるからいいけど、ベランダに出て見て楽しいことは楽しいけど、さすがにベランダだと怖くて室内に入りました(直近に落ちたとしても高い場所、避雷針に落ちることはわかっているけど、分岐した稲妻電流を浴びる恐れがありそう)。

夕食はタコとブリの刺身を食べました。

2018/8/26(日) 「書類整理」

今日は暑くて東京も40℃を記録したそうで、みんな外に行きたがらないから(僕は眠いから行きたくないという理由で)、ずっと家にいました。

昼食は家にあった缶詰などを食べました。

午後は出張書類の後処理をしました。名刺や航空機搭乗券をPDFファイルにスキャンしたり、写真を整理したりしました。

夕方は買い物に行きました。

安い食材の中から良さそうなものを探し、今日はカジキを買って帰りました。

そして、夕食はカジキを焼いて本格タルタルソースを作ってかけて食べました。東京都市大に来て、学食で食べる料理のタルタルソースがすごく美味しく、何が入っているのか(味わって)分析を続けていて、大体材料分析は終わっていたから、あとはネットで作り方を調べて合う食材を組み合わせて作りました。半熟茹で卵を作って、マヨネーズ・刻み玉葱・酢を混ぜたらおいしいタルタルソースになりました。

2018/8/24(金)-25(土) 「帰国、映画鑑賞」

今日は帰国の日で、ホテルで朝食を食べ、チェックアウトして最寄りの地下鉄の駅に向かいました。持っているICカードに情報追記して購入し、アーランダ空港に向かいました。まずは中央駅に行き、そのまま乗り換えて地下鉄で安く行こうと思ったら、乗り換え(結構複雑)とその後の列車の時間が30分待ちでうまく行かず、このまま次の地下鉄では間に合いそうもないから、買ってしまった1,500円程度のチケットはあきらめて、結局アーランダエクスプレスに乗って空港に行きました。

空港に着いたらチェックインして保安ゲートを通過し、まずは乗り継ぎのヘルシンキのヴァンター国際空港に行きました(フェリーの往復が逆だったらよかったのだけど)。ヘルシンキに着いたら出国審査を通り、成田空港行きの飛行機に乗りました。機体はエアバスA350で、行きの飛行機でも外部を映す2視点(上部下部)のカメラがあり、1つは垂直尾翼に付いているはずで、シャトルで移動して乗り込むときに確認したらやはり垂直尾翼にカメラが付いていました。機内ではまた10時間ほどあったけど、映画が充実しているからいろいろ映画を見ました。「Flipped」、「15時17分、パリ行き」など合計4本の映画を見ました。最後に見ていた「Flipped」はFで始まるからフィンランドの映画かなと思ったけど、アメリカの映画らしく、内容はロマンスだけど、面白くていい映画だと思いました。着陸ギリギリまで、見切れるかどうかハラハラしながら、見終えることができました。ということで寝ていなくて寝不足になりました。

成田空港に着いたらスカイライナーのタイミングが悪かったから京急線特急に乗り、町屋駅で千代田線に乗り換えて帰りました。経堂駅から歩いて家に帰ったけど、暑かったです。

家に帰り、シャワーを浴びて荷物を片付けました。昼食は冷凍チャーハンを食べました。

午後は買い物に行って片付けをしました。夕方は富士山が見えました。夕方になったらどうしようもなく眠くなってきて(映画を見て24時間以上寝ていないから)、床に転がって昼寝しました。夕食は日本食が食べたくなり、刺身と納豆を食べました。スウェーデンの料理は不味くないけど、パスタなどは味が薄く、魚は塩っぱくて美味しくもありません。やっぱり日本食は美味しいと思いました。

2018/8/23(木) 「ストックホルムへ到着、ストックホルムバスツアー、シュールストレミング」

朝起きたら風は強いけど、天候は回復していました。昨日の夜立っていた船首に行き、景色を眺めると、ちょうどスウェーデンの陸地に入ろうとしているところでした。川幅の狭い場所を向こう側から船が来て通過を待って進んでいました。そのまま川を上流してストックホルムに向かました。

時間になったら学会会場に行って講演を聴講しました。昼前に聴講していると振動が激しくなり、コーヒーブレイクのときに甲板に上がってみてみるとストックホルムに到着して、向きを変えて接岸しているところでした。車を出すために船首を開いてからゆっくりと接岸し、うまく制御できていると思いました。接岸したら地上の係員がロープをかけて、機械で巻き取って固定していました。船首からは次々とトレーラーや車が出ていきました。

そして、最後に閉会式に参加し、ランチを食べました。その後は学会のバスツアーでストックホルムを巡りました。街が一望できる崖の上からストックホルムの景色を眺めました。昔ダイナマイトを運んだエレベーターもありました。そして川沿いを通り、橋から市街を眺め、市庁舎に行きました。ここのホールではノーベル賞授賞式の晩餐会が行われているようで、レストランでもいくつかそのときのメニューもあるそうでした。日本人もそれなりに受賞者が多いからか、日本人の好みも説明していました。市庁舎の対岸も見えました。バスのガイドさんの話を聞いて、いろいろ知ることができ、話も面白くて笑ってしまい、参加して良かったです。

・市庁舎対岸はダイナマイトで爆破して開削したこと。
・バイキング(Viking)の語源はBay, Kingだったこと。
・ノーベル数学賞が無い理由(ノーベルの恋人の問題)
・ドイツ系の文化だったこと(昔の国会の公式語はドイツ語だった)

などいろいろな話を聞けました。さらに、市庁舎の屋上のデザインに関する自分で解釈した意見も言っていて、プロフェッショナルだと思いました。質問に対するツアー同行者の反応を見て、多くの人の専攻は化学専攻だということもわかりました。楽しいツアーでした。(本当は聞きたいことが2つあり、機会は逃してしまいました。(<1>ノーベルがダイナマイト、爆薬に興味があったのはこのスウェーデン、スカンジナビアの岩の地形を工事するためだったのかどうか?<2>なぜスウェーデンは工業生産は日本よりも少ないのに、こんなに高い経済水準を持続できるのか。)帰り道はノーベル賞授賞式をするコンサートホール、図書館横のノーベル財団の事務所の横を走りました。

そして学会レジストレーションのホテルで解散となり、たまたま近くだったので歩いて前と同じホテルに行ってチェックインしました。そして、ホテルのすぐ近くのスーパーに行き、目的の世界一臭い食べ物:シュールストレミングを買いました。この地域では日照不足で塩は貴重で、塩を水で薄めてニシンを保存して食べたのが始まりのようです。缶は爆発防止のためか、手で空かなくて、缶切りが必要な缶なので、缶切りも買って3日前に確認した公園に向かいました。行ってみると、3日前より遅い時間なのに人が多く、なんでだ?と思って歩いてみると、無料の劇が開催されていました。しまったと思い、少し劇を見てから、「そうだ、川の横の岩山に行こう!」と代替案を考えて、川岸の岩山に登りました。幸運にも誰もいなく、ごみ箱もあることを確認していたので、ここで買ってきたシュールストレミングを開封しました。開封すると、確かに腐敗した強烈な臭いがしました。一瞬、ドリアンの臭いも思いだす臭いでした。ただ、僕は食べても健康には悪く無いものだとわかっていれば問題なく食べれるもので、確かに腐っている魚のような感じで美味しくはないけど、食べることはできました。ただ、これを好む人(虫?)もいることがわかりました。予想していなかった問題は、すぐにハエが寄ってくることで、「いったいどこにいたんだ?これは僕の食事だ!」と言いたかったけど、味・臭いは確かにハエ用という感じでした。パンとレタスも一緒に買ってきて、レタスにくるんでパンと一緒に食べてゆっくりディナーと行きたかったけど、ハエを追い払って食べるのが精いっぱいでした。魚は腐敗はしないけど、発酵は進む(といっても、腐敗と言っていいような・・)という感じらしく、まだ保存状態もいい出来立てで、発酵はあまり進んでいなかったからか、魚は生でプリプリして固めで、噛み切ろうと思うと背中の部分しか食べられませんでした(全体を食べようとしても内臓や数の子も入っていて骨もある)。納豆を美味しいと思って食べている日本人としては、この程度の発酵度ではまあ、不味いけどお腹を壊さないと知っていれば食べれるし、食べ方によっては美味しいのではないかと思いました(見た目の気持ち悪さや開封時の汁の飛び具合もホヤを知っていれば大したことはありません)。一応、入っていた魚全部の背中はかじりました。もしカットして余計な汁を除いたならば、フェリーで出ていたニシン漬け(上部)とほぼ同等ではないかと思います。食べているとハエが寄ってきて、だけど俊敏に追い払おうとすると汁をこぼしてしまって余計厄介なことになりそうで、ハエに睨みを効かせて追い払いました。美味しいとは言えず、落ち着けもしなかったけど、岩山で食べるディナーは最高でした(市庁舎でノーベル賞晩餐ディナーでもいいかと思ったけど、それよりも満足でした)。残ったものは、なるべく硬く封印して、ゴミ箱にポイしました(掃除員の方には申し訳ないけど)。公園にある洞窟のような岩を見て、触って叩いてみても、やっぱりすごく硬く、これはダイナマイトが必要だと実感しました。厳しい環境だけど、だからこそダイナマイトが生まれる土壌と必然的な理由があったと思いました。

そして、また歩いてホテルに戻る途中、スーパーでドレッシングを買いました。ホテルに戻ったらレタスを開封してドレッシングで食べ、シャワーを浴びて、ABBAの音楽を聴いて、明日の帰国のための後片付けをして寝ました。

2018/8/22(水) 「ヘルシンキ到着、ストックホルムへ出向」

朝起きて甲板に上がると海の上で、朝日も見えました。食事を済ませてからまた甲板に上がると、島々が見えてきました。スマホでどこを航行しているか確認するとヘルシンキ手前の島々の間をゆっくりと航行ムービー)していました。地図に乗っている航路よりもずいぶん陸側を航行して、島々の間を縫って航行していて、「ここ通れるの?」という感じでした。船首では270°の視界があり、こうやって眺めていると海上では水平線がしっかり見えるから、高い位置にいなくとも、「地球は丸い!」というのがよくわかりました。

プレナリーセッションとセッションを聴講し、昼前にヘルシンキの港に到着しました。湾内には島もありました。ビュッフェで昼食を食べた後、学会のバスツアーでヘルシンキ見学をしました。路面電車が走っていて、ストックホルムと似たような雰囲気でした。市立公園ヘルシンキ中央駅ヘルシンキ大聖堂ヘルシンキ大学を見て戻りました。

戻ったらまたセッションを聴講しました。最先端材料がテーマの学会で、材料と言っても、その使用目的がいろいろあるけど、本当に多岐にわたっているのがわかりました(自分は電波応用)。その中でも、グラフェン(炭素の6角形格子でできた層)が注目を集めているのがわかりました。

夕方はヘルシンキを出港して、またストックホルムに向かいました。湾をでるとき、見たいと思っていた湾の入り口の島のスオメンリンナの要塞が見えました。星型の五稜郭のような構造(五稜郭がこれらの要塞を参考にした)が見えました。湾の入り口にある島の要塞というと、フィリピン、マニラのコレヒドール島を思い出しました。

夕方からワインが提供されるから、かなり飲んでしまいました。ディナーを食べて、部屋に戻ってから、また甲板に出てみました。するとすごい風で、誰もいませんでした。船首に行って向かい風を浴びると、今まで体験した中で一番強い風で、子どもだったら吹き飛ばされそうな風(ムービー)でした。だけど、こんなふうに強い風に逆らって立っているだけで気持ちいいです。風が強すぎてセーターを着ていても冷たいから、リュックサックをお腹側に背負って立ちました。すると、ちょっとした紐も強風にあおられてバチバチと体に当たって痛く、口を開けるとフグのように頬が膨らむほどの強風でした。今まで見たように、速度はあまり早くないけど、向かい風が強力なのだと思います。自分も強力な抵抗体になって燃費を落としている感じだけど、気持ちよかったです。客室に戻ると、これだけの大きな船なのに、ゆったりと酔いそうな揺れになっていました。この揺れの中で仕事をしても酔ってしまいそうだから、そのまま寝ました。

2018/8/21(火) 「EAMC2018学会クルーズ船ヘルシンキに向けて出港、発表」

今日は学会EAMC2018のクルーズ船がヘルシンキに向けて出港する日でした。変わった学会で、クルーズ船の中で学会を行いました。朝は学会のレジストレーションホテルに集合してバスでフェリーターミナルに移動し、乗船チケットを受け取ってMS MARIELLA号に乗船しました。

乗船したら荷物を一時置き場に置いて、開会式がありました。その後、ブッフェでランチしました。今回の学会はなぜか個人的に招待講演の依頼を受けていて、いくつか優遇もあったので、分野は少しメインから外れるけど、時期も発表可能な時期と思われるから参加することにしました。ということで、知り合いは誰もいないから空いている席に座ったけど、たまたま少人数のドイツとイタリアの方と一緒になり、有意義な会話をすることができました。皆参加は初めてだったそうで、似たような境遇でした。都市や交通についていろいろ雑談し、ドイツとイタリアの方がイタリアのジェノバで起きた橋の倒壊事故について話していて、初めてその事故を知りました。

食後は船の上に上がってみました。ヘリポート昨日登った岩山対岸の街並みが見えました。午後は外が見える部屋でセッションを聴講しました。夕方になり、セッション中に船が振動し始めました。ディーゼルエンジンだからか、低速運転の時は酔いそうな周期が長めの大きい振動があり、特に、船の中央部で激しく、両脇では小さいことがわかりました。窓が見える部屋のセッションに行くと、船はすでにストックホルムを出港して川を航行していました。夕方は自分の発表がありました。時間も押していて、セッション中の質問は無かったけど、昼に会話した方から有益な情報をもらえました。

午後のセッション終了後は、デッキに上がって夕日を眺めました。美しい風景で、夕日が沈むところも見ました。今ならば、背浮きができるから、川に落ちてもすぐに溺れないという自信はあるけど、夏だけど涼しいこの気温ではあまり耐えられそうになく、タイタニック号沈没で多くの人が死んだのがよくわかり、浮けても暖かくなければ死ぬなと実感しました。それからディナーで、ここでも一人だったけど、ちょうど乗船のときにどの列に並べばいいのか聞いた方がいて、その方と一緒に食事をしました。台湾の方で、TSMC、鴻海とSHARPなどの話をしたり、台湾と日本の観光、スウェーデン観光やABBAの話をしたりして有意義でした。研究の話も少ししたけど、いろいろ知識を集めておくと話も盛り上がって楽しいものだと思いました。それから、クラブに行ってABBAの歌Dancing Queenを聴いて客室に戻りました。客室は、船だから仕方ないけど結構狭く、トイレとシャワーも必要最低限のスペースです。多くの客室が並んでいるようです。水もなるべく節水するように、トイレの水も飛行機ほどではないけど、圧力をかけて流す方式でした。ベッドは壁にたたまれていて、寝るときはベッドを空けて寝ました。3つのベッドがあったけど、3人にしてはかなり狭く、相部屋の選択肢もあったけど、この広さでは高い(1泊38,000円ぐらい)けど一人部屋にして良かったと思いました。インターネットは衛星回線を利用しているようですごく遅いけど、使えることは使えました。家や研究室ならば数分で終わる仕事が30分以上かかるけど、今日やらなければならない仕事だから頑張って片付けました。終わったら一度外のデッキに出てみました。すると、島に停泊していて、スウェーデンとフィンランドの間にあるオーランド諸島のマリエハムンに寄港していました。

その後、長い廊下の客室や船内をウロウロ探検してみました。またデッキに出ました。深夜だから誰もいなくて真っ暗で、きれいな星空を眺めました。バイキングやこうやって星を見て航海したのかと想像しつつ、星空を眺めました。真っ暗とは言っても、目が慣れてくると下の階の両舷の光が少し漏れてきて、星を楽しむには明るかったです。船はゆっくりと月に向かって進んでいました。海面が反射する月の光画像処理)を眺めていると、繋がっていなくて、何か段差があるように見え、通過するときに注目していると小さな岩場がありました。飛行機から見て思ったように、本当に正しい航路を進まないと簡単に座礁するなと思いました。そして客室に戻って、明日の目覚まし時計をセットしていたら、フィンランドはスウェーデンよりも1時間時間が進んでいるから思ったよりも真夜中で、あまり睡眠時間が取れないことがわかりました。

2018/8/20(月) 「ストックホルム見学、レジストレーション、発表準備」

ホテルの朝食を食べ、一度部屋に戻って溜まっているメールを処理しました。それから、発表準備をして、市内観光について調べました。調べたら、公共交通機関の24時間チケットがあることがわかったから、地下鉄の窓口に行って購入しました。まずはバイキングの船の博物館行くためユールゴールデン島に向かいました。地下鉄を乗り換えて王立公園駅に行くと、地下鉄の壁は岩むき出しで、何年か前にヨーテボリに来て岩が多い地形だと思ったけど、ストックホルム(たぶん、スカンジナビア一帯)も岩が多いのがわかりました。しかも、その岩を使った彫刻があったり、ホールも洞窟のようだったりと、デザイン性もいいです。トンネルも深く掘られていました。これはダイナマイトがないと工事できないなと思います。公園を通って、路面電車に乗り換えて終点の駅まで行ってみました。対岸からきたけど、対岸には明日乗る大型船が停泊していました。また戻って博物館が集中しているエリアに行きました。途中でABBA博物館も見えました。そして、バイキングの船の博物館(Vasa Museum)に行くと激混みですごい行列だったから、入るのはあきらめて海沿いを歩いて橋を渡って、スウェーデンらしい風景を眺め、また路面電車で戻りました。乗り換えのために王立公園を歩いていたら、ちょうどパレードが見れました。お腹が空いたから公園の店でハンバーガーを食べました。それから歩いてストックホルム宮殿を見学してみました。周囲が囲まれた中庭を歩くと、幸運にもここでもパレードを見ました。宮殿教会も見学して外に出ると、またパレードに遭遇しました。馬糞も落ちています。ストックホルム宮殿に行くと、またパレードに遭遇しました。また歩くと旧市街のガムラスタンに出て、噴水がありました。周囲を見回すと、ノーベル博物館がありました。Novel Museum(近代博物館)かと思ったけど、垂れ幕を見ると見慣れたメダル(東工大すずかけ台キャンパスでも見た)があり、「あ、ノーベル賞のNobelの博物館か」とわかりました。空いているし、関連分野ではあるし入ってもいいかなと思ったけど、値段を見ると、日本円で1,500円ぐらいで、「高っ!やーめた。これなら教会見ているほうがいいや」と思って素通りしました(賞に関してはマスコミが騒ぎ立てるほど興味ない)。そして旧市街の道を歩き、細い路地を通って地下鉄に乗りました。

ホテルに戻る途中、1駅前で降りて学会のレジストレーションをしているホテルに立ち寄り、レジストレーションを済ませました。もう一度地下鉄に乗ってホテルの最寄り駅で降り、スーパーに寄っていろいろ見てみました。ホテルに戻って、スーパーで買った夕食を食べました。シーザーサラダだったら健康的で味も良く、値段もあまり高くないから今日もそうしようとしたけど、サラダでも刺身の入ったものを見つけてしまい、それを買って食べました。トビウオスシと書かれていたけど、どう見ても、食べてもこれは鮭(サーモン)でした。今日は寿司とニシンのトマトソース漬けの缶詰を食べました。トマトソースは少し塩っぱかったです。

そして、スーパーで見て、たぶんこれだと思って撮った缶詰の写真について調べました。やはり、世界一臭い食べ物と言われるシュールストレミングでした。以前、ヨーテボリに来た時にスーパーの人に聞いて、これが売られるのは夏から秋の限られた期間だというのを思い出し、食べるなら今だと思いました。いろいろ調べると、缶は爆発と臭いの危険性もあって飛行機には持ち込めないし、ドリアンのように(それ以上に)臭いがきついから、ホテルでも食べられない・・・。ということで、どうしようかと考え、地図を見て、近くの公園で食べられそうな場所がないか調べに行きました。

行ってみると、ソフィア教会の横の広い公園は人も少なく、ここなら実行できそうだとわかりました。最終日はまた戻るから最終日に食べる計画を立てました。せっかくだからその先も歩き、明日客船にのるターミナルに行ってみました。明日乗るであろう客船はビルよりも巨大で、下からは全体が見れませんでした。ターミナルの横に岩山があり、登ってみると客船全体が見渡せました。川も風景も眺めました。市街地の方に見えるガスタンクだと思っていた球形の建造物はアリーナのようでした。そして、地図にある散策路を歩くと保存地区になっていました。この赤い建物は昔のもののようです。丘の上から風景を眺めていると、急な斜面が見えたけど、これは跳ね橋のようでした。バス通りでもあり、この信号で止まったら長そうだなと思ったけど、橋の開閉速度はかなり早くて10秒程度で俊敏に動いていました。

ホテルに戻ったら明日の発表スライド作成をして完成させました。

2018/8/19(日) 「ストックホルム(スウェーデン)へ」

学会出張で、ストックホルム(スウェーデン)に向かいました。またまたスカイスキャナーで安い航空券(と言っても、15万円で時期的に高い)を選んだから時間はあまりよくなくて、朝4時半に起きて、早い時間の電車に乗って成田空港に向かいました。千歳船橋駅で電車を待っていたら、ハト除け対策をしてあるのにハトが住み着いていて、何羽か出てきました。湯島駅で降りて京成上野駅まで歩いて乗り換えました。不忍池の蓮は花が咲いて種ができていました。そして、スカイライナーに乗って成田空港に行きました。

今回は、前回ジュアンレパン(フランス)に行ったときに使って、姓名逆で失敗したHISを通して予約したけど、まだシステムで修正されていなくて、嫌な予感がして事前にHISに連絡して修正しておいたから、一応難なくチェックインできました。

フィンエアーの飛行機に乗ったら、乗継のヘルシンキ(フィンランド)に向かいました。10時間のフライトだけど、最近の飛行機は映画などが充実していて快適だし、通路側にしたらら特に苦しむことなく、快適に過ごせました。「マディソン郡の橋」など、3本ほど映画を見ました。飛行機の下部上部のカメラ映像も表示でき、通路側の席に座っていても外がどうなっているかわかって快適です。いくつか映画をみて、さらにネットも利用できるようだったから1時間千円程度の料金をクレジットカード情報を入力して支払って、家にメールお送ってみたりしました。速度テストをしたら、ダウンロード2.5Mbps, アップロード0.1Mbpsと、衛星リンクを使う飛行機にしてはかなり快適な速度でした。そして、乗継のヘルシンキ空港に到着しました。入国審査もスムーズに通過し、次の便には3時間以上のかなりの時間がありました。こんな余裕のときにはまたベトナムの時みたいにミスをする可能性があるから、便名と行先まで再度確認し、時計も合わせてスタンバイしました。最低限のスウェーデン通貨の現金をクレジットカードのキャッシングATMで引き出して、空いている場所でストックホルムでの移動手段を調べたり、メール処理をして仕事したけど、たまに搭乗ゲート付近を見に行って確認しました。直前に搭乗ゲート変更があったけど、難なく乗って(普通はこうなんだけど)、目的地のストックホルムに向かいました。1時間程度で到着しました。窓からバルト海を眺めていると、小さな島々がずっと続いていて、これから乗る船もしっかり航路を選ばないと座礁しそうだなと思いました。

ストックホルムに着いたら、時間節約のために、多少高いけど、調べておいたアーランダエクスプレスに乗ってストックホルム中央駅に行きました。180-190km/hの速度のノンストップ高速列車で、20分ほどでストックホルム中央駅に着きました。駅に着いたら、ホテルまでは距離があるけど、歩けない距離ではないし、ついでに観光も出来そうだから歩いてホテルに行きました。旧市街ストックホルムの街の風景を満喫できました。地図で調べておいたホテル近くのスーパーで夕食のシーザーサラダとパンを買って、ホテルにチェックインしました。GPS付スマートフォンはこんな旅をすごく快適にしてくれます。家を出てから24時間ほど経ったけど、時差があるから、まだ出発日の夕方の時間でした。洗濯してメール処理してから寝ました。

2018/8/18(土) 「買物、掃除」

今日もクーラーは要らず、快適な気候でした。今日は一日買物したり掃除したりしました。

昼食は冷凍チャーハンを食べました。

午後は換気扇の掃除をしました。ほとんど油は使わないけど、肉を焼いたときに出た油が蒸発しているようで、換気扇のフィルターには油が滴っていました。まだ気温は高いから掃除は簡単で、フィルターも交換して綺麗になりました。

夕食はしめ鯖、マグロ、タコの刺身を食べました。

夜は明日からの海外出張の準備をし、深夜まで発表スライド作成をしました。

2018/8/17(金) 「打ち合わせ@二子玉川、キャロットタワー、豪徳寺、WEB会議、光熱水費の考察」

今日は快晴だけど、秋のような空で暑くなく、透き通った空気で快適な一日でした。家からも富士山が見えました。

午前は共同研究の打ち合わせがあり、二子玉川に行きました。本当は大学で打ち合わせする予定だったけど、一斉休業日だし、今日はちょうど設備点検で停電の日だったから、ちょうど真ん中あたりの二子玉川で待ち合わせし、スターバックスコーヒーでコーヒーを飲みながら研究打ち合わせをしました。結構快適で、特に大学に行くようがない日はこれもいいと思いました(本当は今日は休暇だけど)。

終了後は、午後のWEB会議のために家に戻りました。三軒茶屋経由で帰り、キャロットタワーの下に来たとき、快晴だからちょっとだけ展望室から景色を見ようと、26階の展望室に行き、世田谷の風景を眺めました。富士山は雲で隠れていたけど、手前の丹沢山脈は見えました。世田谷線も見えました。それから世田谷線に乗って山下に行きました。快晴だし、ついでに豪徳寺も見てみようと寄り道しました。招き猫三重塔彦根藩の井伊家の墓所を見学しました。緑道を歩いて経堂に行き、せい家本店でラーメンを食べて帰りました。

家について、午後は国際会議運営のWEB会議がありました。一部担当しているから、昨日提出した報告書をもとに報告しました。

夕方も富士山が見えました。

夕食はチキンのバジルオイル焼きを食べました。

夜は、記帳した通帳をしまおうとして、光熱水費について調べました。スマートメータに変わってから取得できる電子データは取得しました。電気代を見ると、1月に計算したようにしっかりと照明をLED化したことによって、電気代が減っている(請求は2ヶ月遅れだから、1月のLED化の効果は明白)のがわかりました。しかも、計算したように月々500円弱の削減効果で、予測通り、3-4年で設備投資を回収できます。さらに、足りないデータはPDFファイルにしてある古い通帳から読み取って、Excelに入力し、処理してグラフを描いてレポートを作成しました(energy_bill.pdf)。数値的に考察することで、直感的に思っていたことに確信が持てました。・・とけちけちしているだけではなく、Tポイントやmy東京ガスなどのポイントは水害やいい事業に寄付することにしました。マイレージもいらないから寄付しようとしたけど、3000マイルたまらないと寄付さえできないことがわかりました。

2018/8/16(木) 「休暇、サイゼリヤ」

今日も大学の休暇で、昼は子ども達とサイゼリヤに行きました。途中の水遊び場で足だけ使って遊んで、久しぶりにサイゼリヤで食事しました。好きなジュースといくらでも飲め、美味しい食事ができるからか、子ども達はご機嫌でした。僕も安くて美味しいワインが飲めてご機嫌でした。帰りは緑道でセミを見て、買い物をして帰りました。

午後は家でのんびりし、僕はメール処理をしました。お盆休みだからあまり仕事メールが入っていないとは言え、積もれば多くて整理するのはそれなりに時間がかかります。

夕食はシシャモとタンドリーチキンを食べました。

それから、早朝まで研究をしながら、明日の報告書2つを作成しました。

2018/8/15(水) 「東京へ」

今日は東京へ帰りました。午前は実家のネットワーク環境を改善するために契約などについてネットと電話で調査し、最適な方法を検討しました。

昼食を食べてから、最寄りの地下鉄駅まで送ってもらい、地下鉄で名古屋駅に行き、名古屋駅から新幹線のぞみ号に乗って東京に向かいました。眠ったからかなり早く着いた感じがしました。東京駅に着いたら二重橋前駅から小田急線直通の千代田線に乗り、千歳船橋駅からバスに乗って歩いて1分しない家の最寄りのバス停で降り、快適に家に帰りました。

家に荷物を置いたら、近所のスーパーに行って、日常生活に戻せるように牛乳や卵や野菜の食材と夕食の寿司とステーキを買いました。

疲れたから早く寝てしまいました。

2018/8/14(火) 「食事」

昼は近くのスーパーに食事に行って、バイキングビュッフェの食事をしました。食後は子ども達はオモチャを買ってもらうためにいろいろ選んでいました。

昼は食べすぎたから、夕食は素麺を少し食べました。

2018/8/13(月) 「名古屋へ」

朝はいろいろ片付けをして荷物の整理をしました。

昼食を食べたら坂越駅まで送ってもらい、播州赤穂線に乗って相生駅まで行き、新幹線ひかり号に乗って名古屋に行きました。地下鉄で最寄り駅まで行き、両親に車で迎えに来てもらって実家に行きました。

近くのスーパーで買い物をして帰り、夕食を食べました。

今日も疲れたから早く寝ました。

2018/8/12(日) 「畑仕事、ピザパーティー」

午後はに行って畑仕事の手伝いをしました。かなりの運動量で楽しいです。

夜は親戚の家でピザパーティーがあり、手作り窯で焼いた手作りピザをいただきました。美味しかったです。

それから、子ども達は花火をして遊びました。

夜は力尽きて早く寝てしまいました。

2018/8/11(土) 「海水浴、花火大会」

昼からは親戚の皆で丸山ビーチに海水浴に行きました。僕は危険は冒さないから、たとえ浮輪があっても、破れて沈む可能性も考えて一人では遠くには行かないけど、今回は背浮きで泳ぐ技術も習得済みだからたとえ浮輪が破れても溺死する確率は限りなく低いことを考えて、遠くのブイまで泳いでいきました。沖には岩の小島がありました。海にはミズクラゲが数匹いて、上側ならば触っても確実に大丈夫だというのがわかったから手で持って掃除しました。

家に帰ったら、疲れの成果眼が充血してしまったから昼寝して回復させました。

夜は海浜公園で花火大会があったから見に行きました。花火を見たけど、娘達は屋台の方が楽しそうでした。

家に帰ったら飲み会をしました。

2018/8/10(金) 「赤穂へ」

今日から帰省で、播州赤穂に移動しました。バス、小田急線・千代田線を乗り継いで二重橋前駅に行き、丸ビルで昼食弁当を買って新幹線ひかり号に乗って相生駅に行きました。相生駅には500系の新幹線が停車していました。それから、播州赤穂線に乗り換えるまでの間、新幹線の高速通過(ムービー)を眺めて楽しみました。播州赤穂線で坂越駅に行き、車で迎えに来てもらい、実家に帰りました。

荷物を整理したら少し買い物に行き、夕方は親戚で集まって食事をしました。食後は星が綺麗だったから、真っ暗闇の幽霊峠に行って星空を見ました。夏の大三角もはっきりと見え、天の川も見えました。

2018/8/9(木) 「会議、打ち合わせ」

朝は台風も東京からは遠ざかっているところで、雨もやみつつあり、丹沢山脈が見えました。

午前は研究をしながら事務手続きをしたり、手続きについて電話で聞いたりしました。

午後は学内会議がありました。夕方は研究指導に関する打ち合わせがありました。

夕食は和牛ステーキを食べました。

夜は研究会申し込みをしたり、論文編集委員の仕事をして判定報告書を作成しました。それから明日からの帰省の準備をしました。

2018/8/8(水) 「協議会、台風」

台風が近づいていて朝から雨でした。

今日は東京都市大で全国の大学電気系教員協議会があり、大学の会場担当だったので分担の仕事が回ってきていて、案内の看板を設置したり、写真撮影をしたりしながら聴講しました。

休憩の合間には、出張申請の事務手続きをしました。

今日は台風が近づいているから予定されていた懇親会もなくなり、前倒しして早めに終了しました。

最後の片付けもしてから早めに帰りました。帰りは少し強めの雨だったけど、台風というほどでもない感じでした。

夕食はカツオのたたきとタコの刺身、そして家のベランダで採れたゴーヤを使ったゴーヤチャンプルを食べました。

2018/8/7(火) 「ワークショップ委員会」

今日は虎ノ門の金沢工大東京虎ノ門キャンパスでワークショップの委員会があり、9月のワークショップで講演される先生の講演準備練習がありました。

昼食は隣の虎ノ門ヒルズで食べました。

午後もずっと練習準備があり、打ち合わせをしてから虎ノ門駅付近で懇親会がありました。

終了後は銀座線経由で帰りました。タイミングが悪かったから、銀座線は混雑していました。

夜は溜まってしまったメール処理をしました。

2018/8/6(月) 「取材」

午前はメール処理と大学の事務手続きをしました。午後は成績処理をしました。

夕方は東工大の百年記念館に行って博物館を見学し、担当になっている記事執筆のための取材をしました。ずいぶん長い間休館していて、やっと再開したけど、結局内容は以前と同じ(若干減少)で、単に建物の冷暖房設備の交換をしていただけのようでした。さらに4階のレストラン角笛はやはりないままで、単なる会議室になってしまったようで、法人化してから変に会計監査の指摘だけに従って入札を繰り返した結果、環境は悪くなっているなと思いました(というネガティブなレポートは記事では伏せておきます)。

夕食は黒毛和牛焼肉を食べました。

2018/8/5(日) 「プール」

昼前は希望丘公園の隣の千歳清掃工場の横の千歳温水プールに行きました。娘達は2時間遊んでいたけど、僕は遅れて言ったから1時間で240円と安かったです。今日も背浮きと、そのままの姿勢で泳ぐ練習もして、また安定性が上がって上達しました。

夕方は昼寝しました。昼寝しているのに、二女がPS4とWiiで遊んでいて、「どうやるの?」と何度も聞かれて起こされました。

夕食は天ぷら冷やしうどんを食べました。

2018/8/4(土) 「オープンキャンパス、写真撮影」

今日もオープンキャンパスでした。部屋に戻って仕事をしながら、写真撮影係の仕事もしました。

部屋に戻ったときに入試制度について調べてみて、その戦略なども考えてみました。私立大学はAO入試をする意義はあるなと思いました。そして、国立大学も少し前に私立大学を真似てAO入試を始めたけど、やはりあれは戦略も何もなく、「私立大学がやっているからやらないと・・・」というような、周囲の状況を気にする日本人的な感覚から始まったのだろうなと思いました。実際、そんな感じでした(改めて日本人は戦略を考えるのが下手だと思います)。組織が変わると、いろいろ勉強になって楽しいです。今の時代のAIはまだ人間ほど万能ではないけど、いい学生を取るために、いい経営をするために、大学の評価を高めるために受験制度をどうすればいいかということにAIを活用するという手はありそうです。

夕方は座談会用の写真撮影があり、今度は自分も被写体になって広報用写真撮影をしました。終了後は後片付けをしました。

夕食は冷凍チャーハンを食べました。

2018/8/3(金) 「オープンキャンパス」

今日はオープンキャンパスでした。朝開始前は、国際会議の委員の仕事をして、TPC委員、SDC担当の仕事もかなり完了できて、この件はスッキリしてきました(他の案件がまだいくつかあるから、完全にスッキリしないけど)。

時間になったらオープンキャンパスの準備に行って、学科の広報・写真係をしました。どこが重要で、自分がやるべき部分かよくわかってきたから、前回の6月と違って無理をして張り付いていることもなく、学内の様子もいろいろ見て回りました。1号館は全場所を歩いて、建物や施設の位置もわかりました。

昼食後も広報担当として外のデモの様子を写真に撮りに行ったら、副都心線のトンネル強度試験の実物が展示されていました。学内には何気なく、貴重なB-29のエンジンまで置かれています。

午後も同様にオープンキャンパスの仕事をしました。暑いけど、かなり多くの人が来ていたように感じました。こんな仕事は、多くて賑わっている方がやりがいがあります。

夕方は30分ぐらい夏らしいすごい夕立がありました。東京アメッシュで確認すると世田谷区の面積ぐらいの雨域が北から世田谷区を通って南の神奈川県に向かって流れていました。

夕食はブリとカツオのたたきを食べました。

2018/8/2(木) 「雑用」

今日も暑い日でした。

午前は国際会議の委員の仕事をして、最終調整をしました。

午後は、学内の至急の仕事が入ってしまい、対応しました。

夕食は親子丼を食べました。

夜は、国際会議の委員の仕事の続きをしてホームページ公開準備をしました。

2018/8/1(水) 「雑用」

今日も暑くて夏という天気でした(こんな天気好きです)。

今日は国際会議の委員の仕事をして、Googleフォームで受付フォームを作成しました。4つの条件分岐があり、かつ英語対応だから製作と動作確認にいつもよりも時間がかかりました。

大学も夏休みモードで、学食もメニューが少ないから、昼食はマイバスケットで弁当を買いました。この前学会で話が出た透明飲料があり、無色透明なカフェラテを買って飲んでみました。薄いカフェラテの味でした。

夕方は後期の授業準備のために理論の復習をしました。

夕食はネギトロとタコの刺身を食べました。

夜も空の火星を見てみました。双眼鏡で見ても、やはり丸い天体だろうという感じまではわかりました。


Back