東海道五十三次 徒歩の旅 (Old Tokaido Walking)

2021/5/2 平野 拓一

This page is only in Japanese, but nowadays it can be translated by browsers such as Google Chrome. So if you want to read it, please translate this page automatically.

1. はじめに

東海道は江戸の日本橋と京都の三条大橋を結ぶ江戸時代の交通の要であり、現在も大都市を結んでいます。電話などがない当時の手段は最速でも馬で、伝馬制(馬が各々の担当区間を往復して荷物運搬する)、そのインフラとしての宿場町がつくられています。今では新幹線のぞみ号に乗れば2時間8分で京都まで行けますが、歩くとどれぐらいかかって大変なのか実感するため、また、願わくばいい景色を見て無名の史跡を探すために歩いてみました。収集データも歴史研究・文化向上などに役立てる方々のために公開します。

【補足】 なぜ東海道を歩いたのかという本当の理由は歩くためやチャレンジしたかったからではありません。筆者は2019年のゴールデンウィークに親戚が来て、一緒にディズニーランドに行くということになりました。ディズニーランドの雰囲気は好きではありますが、最近は外国人も多く混みすぎていて全然満足感が得られず、行ったら不満しか残らない状況で、僕は行くのを止めました。朝荷物を持って東京駅の京葉線まで送ったのですが、またそのまま家に戻るのも時間と交通費がもったいないから何かできないかと立ち止まり、日本橋から横浜まで歩いてみようと思い立ちました(前から明治時代の建物や史跡巡りをして東海道沿線が気になってはいたのですが)。そして、その日は横浜まで歩きました(長距離20km以上歩くのは短・中距離歩くのとは疲れ方、足へのダメージが違うのをその日に痛感しました)。東海道が気になっていた理由は、昔ファミコンのゲーム「東海道五十三次」(サンソフト)で遊んで、BGMも良くて記憶に残っているというのもあります。世田谷の地蔵・庚申塔マップ製作にハマっていた時期もあり、また、柳田国男の「遠野物語」を読んで民俗学に興味を持ったこともあり、道中の地蔵・庚申塔の石塔を撮りためていたら、これは京都まで調べないといけないと奮い立ちました。

2. 東海道のルート

東海道ルート.kmz: 上の地図のKMZファイルを公開します。これをGoogleマップで読み込めば(KMZファイルをGoogleマップに取り込む方法)自分用のカスタマイズデータとしても利用可能です。余計なアプリのインストールは要らず、Googleマップさえあれば、自分の位置とルートを同時確認しながら歩けるので便利です。また、予め次のルートで絶対に見たいところをタップして「スター付き」にしておけば見逃しを回避できます。

3. 東海道のハイライトムービー

4. 東海道のハイライト写真

ハイライトの詳細な場所は5章の地図で確認できます。

5. 無名の史跡データ(地蔵・道祖神・庚申塔・道標・石塔)

データが膨大なので、3分割しています。各区間の史跡データを見たい場合はそれぞれの地図を見てください。位置データはGPSの位置情報がファイルに入っていたのですが、データ圧縮するために、ファイルサイズ変更したので自動アップロードせずに、Googleストリートビュー、衛星写真を元に後から手動で入力しました(その作業中に見落とした史跡があることにも気付きました。)。

1: 日本橋~島田 東海道:日本橋→島田 (MyGoogleMap)
2: 島田~熱田 東海道:島田→熱田 (MyGoogleMap)
3: 桑名~京都 東海道:桑名→京都 (MyGoogleMap)

6. 旅のメモ

東京に住んでいるので日本橋からのスタートです。最初の頃は日帰りが簡単でした。下の表中の青色、赤色の背景はそれぞれ宿泊してまとめて歩いた日程です。島田(静岡)以降の遠方では往復に新幹線を利用しました。もう少しまとめて歩きたかったけど、仕事と家の両方が開けられる瞬間しか出かけられないので、最長でも3日連続でした。17日間かけて歩き、合計10回の遠征で、表のように14万円ほどかかりました(ただ、満足度は100万円を超えます)。

歩く際には、本や紙の地図は不用で、2章で紹介したKMZファイルを自分のGoogleマップで開けるようにしておき、スマートフォンのGoogleマップで位置確認しながら進むだけです。ナビ用に使うスマートフォン(AQUOS SH-M05)は電池を温存したいので、長エネスイッチONにしました。箱根峠など、雨の中歩くと石畳で滑って転びます。宿泊ホテルなど、スマートフォンに全ての情報を入れて安心していると、もし壊れたときにホテルにたどり着けなかったり、新幹線予約を確認できなかったりするので(強打したのに幸い壊れなかったけど、壊れる可能性もありました)、ホテル名や新幹線予約のアカウント情報など最低限のものを紙にメモしておくといいです。写真撮影にはデジカメを使いましたが、1日に450-500枚撮っていたのでいつも最後は電池切れで、スマートフォンのカメラでしのいでいました。身軽な方がもちろんいいのですが、仕事も中断できないのでホテルで仕事ができるよう、ノートPCは持っていることが多かったです。

夏の炎天下に歩いた時は頻繁に喉が渇きます。ただ、どんな道でもそれなりに多くの自動販売機があるので、飲み物を持たなくてもあまり苦労しません。公園の水道で水浴びしたり、空いたペットボトルに水補充することもできます。あとは、個人差があるので、適当に自分で動きやすいように、と言うしかないです。

区間 距離 (km) 総距離 (km) 交通費 (円) 宿泊費 (円)
1 日本橋→横浜 30 30 1,000
2 横浜→茅ヶ崎 28.7 58.7 1,130 2,300
3 茅ヶ崎→小田原 25.9 84.6 1,400
4 小田原→三島 31.3 115.9 2,230 4,410
5 三島→富士川 33.4 149.3 3,370
6 富士川→静岡 33.4 182.7 1,920 4,200
7 静岡→島田 30.5 213.2 2,940
8 島田→袋井 29.5 242.7 7,470 5,700
9 袋井→新居 37.4 280.1 4,752
10 新居→国府 34 314.1 8,870
11 国府→岡崎 21.9 336 8,870 3,000
12 岡崎→熱田 33.7 369.7 10,310 3,900
13 桑名→内部 21.5 391.2 11,380 3,900
14 内部→関 23.7 414.9 380 3,900
15 関→水口石橋 28.5 443.4 14,090
16 水口石橋→草津 22.9 466.3 14,090 4,100
17 草津→京都 25.6 491.9 13,070
491.9 102,520 40,162

7. まとめ

歩いていろいろ峠を越え、改めて地図を見直してみると、真っすぐな平地を通ることが難しい(できない)ルートであることがよくわかりました。東海道新幹線は多くのトンネルを通過し、カーブが多くて最高速度285km/hだけど最高速はほとんど出ていないのですが(熱海駅ではトンネル&カーブで185km/h)、これは仕方なかったのがよくわかります(東北新幹線はたまたま直線ルートの谷間があるのもわかり、北陸新幹線がS字を描いて走っているのは谷間ルートを選んでいるからだというのがよくわかります)。各所でいろいろな出来事があったことがわかりました。地蔵や石塔などな貴重な史跡で、道端で大切にされているの見て、いいものだと思いました。松の木なども地元やボランティアの負担で保存していたりするそうだけど、税金を無駄遣いせずこのような史跡の保存に使ってほしいと思いました。


Copyright(c) Takuichi Hirano, All rights reserved.

Back